本文へ移動

『セラミックハニカム』

レーザ加工機用セラミックハニカム

セラミックハニカムとは

セラミックハニカムとは、不燃紙と無機100%のバインダーで作ったハニカム構造のワーク保持パネルです。
通常は金属の板材を剣山と呼ばれる歯の上に置き 切断をします。
切断する部品の大きさが小さい場合は、剣山の隙間から下に落ちてしまいます。
また、薄板切断の場合は、歪んでしまい求めている寸法精度が出ない事があります。
その様な際、ハニカムパネルを使う事で、小さなものでも落下せず、薄板も歪まずに精度良く加工する事ができます。
一般的には金属でできており、レーザ光の反射で製品そのものを傷つけてしまう恐れがあります。また、ハニカムパネルが熱をもってしまい、材料にその熱が伝わり熱膨張を起こす恐れもあります。
セラミックハニカムは、レーザの反射光の影響を受ける事が無く、熱伝導率が低い為、熱変異もほぼない為、精度の良い加工ができるパネルです。

特徴

レーザ加工機用ワーク保持パネル特徴

☆ 不燃紙と無機100%のバインダーからなる不燃ハニカム
☆ ハニカム構造により均一な平面となり、精度の高い加工が可能
☆ セラミックのためレーザー光が反射せず安全
☆ 熱伝導率は木材なみ(アルミ合金の約2,000分の1)
☆ ワークに熱を伝えにくく、熱に弱いワークにも使用可能
☆ アルミハニカムに比べ、ワークに擦り傷がつきにくい
☆ 軽量なので持ち運びも簡単
☆ カッターでの切断が可能なため、必要な大きさにカットして使用可能

製品仕様

レーザ加工機用セラミックハニカム(GM15T)仕様 その他

GM15Tの寸法は、900×1,200mm
厚さが20mm・30mm・40mmの3種類あります。

繰り返し使用していると、黒く変色し、耐久性が落ちて参ります。消耗品としてご利用ください。
諸条件により、加工精度に違いが生じますので、必ず事前にお試しください。

無償サンプル(A4サイズ 20mm厚)と有償サンプルが御座いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

GM15Tは、セラミックハニカムHRと同等の不燃性を
持っております。

その他製品

セラミックハニカム(HR)

クリーンルーム、不燃パーテーション、防火ドア用無機質不燃コア

<特徴>
無機質:
☆ 不燃紙と無機接着剤による唯一の無機質ハニカムコア
☆ 不燃紙:不燃認定取得(認定番号MM-1865)総発熱量2.0MJ
不燃性:
☆ 総発熱量1.5MJ、最高発熱速度2.8㎾/㎡
☆ セラミックハニカムHRを使ったハニカムパネルの総発熱量
  は不燃基準 8MJに対し、非常に低く、不燃パネルとして最も
  不燃性の高いクラスになります。
耐熱保形成
☆ セラミックハニカムは800℃で加熱しても、形状を保持し、
  高い不燃性を発揮します。
断熱性、木材に似た感触
☆ パネルの断熱性はアルミハニカムの約6倍の断熱性があり、
  素材の熱伝導率0.11㎾/mkと檜などの木材と同じで、
  音も響きにくく、触感も木材に似ています。
安全
☆ ノンアスベスト、ホルムアルデヒドフリーで安全です。
防カビ、抗菌性
☆ 無機質のため、ペーパーコア等に比べ、防カビ・抗菌性が
  あります。
脱石油製品
☆ セラミックスの不d燃紙と水溶性無機接着剤で作っている
  ため、微量の妙紙添加剤を除き、石油由来原料は使用して
  おりません。

不燃性能


発熱性能試験において
① 20分間の総発熱量が8MJ/㎡以下
② 20分間、有害な裏面迄貫通する亀裂及び穴が無いこと
③ 20分間、最高発熱速度が、10秒以上継続して200㎾/㎡を
  超えないこと

セラミックハニカムは量産においても十分な不燃性を確保する事が
できます。

株式会社エースマシナリ


〒386-0005
長野県上田市古里82番地3


TEL.0268-22-1411
FAX.0268-23-4892
E-mail
info@acemachinery.co.jp

0
4
2
7
1
3
TOPへ戻る